初心者

FX自動売買のメリット・デメリット!どんなリスクがあるの?

『FX自動売買をやろうと思うけど本当に稼げるの?』

という不安がある人も多いですよね。

FXを自動売買で実践するのは、とても便利でメリットが多いのですが、
やはり一方でデメリットも存在します。

この記事では、FX自動売買のメリットとデメリットを解説し、
どんなリスクに気をつければ良いのかを説明してゆきます。

FX自動売買の種類を紹介

『メリット/デメリット』の話に入る前に、
まずはFX自動売買にはどのような種類があるのかを解説します。

大きく種類を分けるとFX自動売買には、
・リピート系
・ストラテジー選択型
・ストラテジー設定型
・ストラテジー開発型
のものが存在します。

リピート系が最も初心者におすすめのFX自動売買システムで、
ストラテジー選択型→設定型→開発型となるにつれて難易度が上がってゆきます。

詳しい話は『FXは自動売買こそ初心者におすすめ!仕組みや種類を解りやすく紹介』という記事で解説しているので読んでみてください。

FXは自動売買こそ初心者におすすめ!仕組みや種類を解りやすく紹介FXを実践している人の中には、このような悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか? 「損切りできずに大きく損失を出してしまった...

FX自動売買のメリットとは?

それではFX自動売買のメリットについて解説してゆきます。

FX自動売買には、下記のメリットがあります。

  • 初心者でも簡単にFXを始める事ができる
  • うまいトレーダーの真似がしやすい
  • 24時間休む事なく取引ができる
  • 裁量トレードに比べて時間がかからない
  • 感情に左右されずにトレードができる

次の見出しから、それぞれ詳しく解説してゆきます。

初心者でも簡単にFXを始める事ができる

FX自動売買には、簡単な設定をするだけで運用を開始できるものも多いです。

裁量トレードの場合は、長い期間をかけて自分のトレードスタイルを確立していく必要があります。

しかし、初心者にとってはそれはハードルが高いですよね。

そんな手間がほぼかからないのがFX自動売買なのです。

上手いトレーダーの真似がしやすい

FX自動売買は、簡単な設定だけで運用できるので、上手いトレーダーの真似がしやすいです。

運用設定を公開している投資系ブロガーの方等も多いので、参考になる情報が多いです。

一方裁量トレードの場合は、トレードルールが簡単なロジックで言い表せない場合が多いので、上手い人のトレードを真似する事は困難です。

24時間取休む事なく取引ができる

24時間休むことなくシステムが取引してくれるのも、自動売買のメリットでしょう。

得にサラリーマン等、FXトレードに時間を割きにくい人には非常に嬉しいメリットです。

裁量トレードに比べて、時間がかからない

自動売買の場合は、最初にどんなルールで取引するかを設定したら、あとは基本的に放置で運用を進める事ができます。

自動売買の運用に必要なな時間は最初の設定と、定期的な設定の見直しだけです。

裁量トレードのように毎日毎日FXの相場に張り付いてトレードを行う必要がありません。

感情に左右されず、確実に利食い・損切りができる

一つ一つのトレードをシステムが行ってくれるので、売買を感情に左右される事がありません。

裁量トレードでやる場合、感情に引っ張られてしまって利食いや損切りが遅れてしまう、といった事がよく起こります。

しかし、自動売買の場合は、判断を下すのはシステムですので、感情の入る余地はありません。

FX自動売買のデメリットとは?

ここまででFX自動売買のメリットの話をしましたが、当然デメリットも存在します。

ここでは

  • 相場の変動により稼げなくなる可能性がある
  • 最初は含み損がかさむ

という2点のデメリットについて、詳しく解説してゆきます。

相場の変動により稼げなくなる可能性がある

FX自動売買のプログラムには、それぞれ得意な相場と苦手な相場があります。

例えば、『FXは自動売買こそ初心者におすすめ!仕組みや種類を解りやすく紹介』という記事で初心者におすすめした『リピート系』のプログラムの場合は、レンジ相場は得意ですが、トレンド相場は苦手です。

レンジ相場では、着実に利益を積み重ねる事が可能ですが、
トレンド相場に転じてしまうと、損切りが連続してしまったり、利益の機会を逃してしまったりします。

最初は含み損がかさむ

上述した『リピート系』のFX自動売買で特に言える事なのですが、最初は含み損が膨らむ事が多いです。

リピート系を例に出すと、相場が去っている時に買う売買ルールの特性上、最初はナンピン買いと実質同じような買い方担ってしまいます。

相場が戻ってくるまでの間、含み損に耐え続けるだけの資金力とメンタルが必要です。

FX自動売買を行う上での注意点を解説

次に、FX自動売買を実践するにあたって、注意しておくべき事を解説します。

高額EA販売の詐欺に注意する

『ストラテジー開発型』のFX自動売買を行う際に注意しなければならないのが、EA販売の詐欺に注意するということ。
(*EAとは、Expert Adviserの略で、MT4上で動作する自動売買プログラムの事)
ストラテジー開発型FX自動売買についての説明はこちら

EAは無料で手に入れる事もできますが、有料で販売している場合もあります。

しかもその金額が結構大きい場合も多いのです。

有料で販売されているEAの中には、
全然稼ぐ事のできないような詐欺的なものも多くあります。

初心者がこれらに手を出してしまうと、
『多額のお金を出してEAを買ったけど、利益が出なかった。
それどころか損をしてしまった。』
となる可能性があるのです。

初心者の場合、まずは証券会社が提供しているような、詐欺の心配の無い自動売買システムを利用するべきでしょう。

自己資金に対してリスクを取りすぎないように注意する

FX自動売買でも、やはりリスク管理は重要です。

リスクを取りすぎてしまうと、急激な相場変動に巻き込まれてしまって資金をすべて失ってしまう可能性があります。

最近はヘッジファンドのアルゴリズム取引も影響して、突然大きな値動きをすることも多いです。

そういう状況で大きな損を出してしまって、相場から退場してしまう人も多いのです。

FXを行う上で知っておくべきリスク

FX取引を行う上で、どのようなリスクがあるのかを理解しておくことは非常に重要です。

ここでは、FXのリスクとして主要な

  • 為替変動のリスク
  • 金利変動のリスク
  • 流動性のリスク
  • レバレッジのリスク
  • スリッページのリスク
  • 相対取引のリスク

を紹介します。

為替変動のリスク

為替相場は、政治経済のイベント・天災・アルゴリズム取引などが原因で、大きく変動してしまう場合があります。

そういう場合、損失が拡大してしまって、強制的にポジションが決済されてしまう事があるのです。

さらに、損失額が大きく、証拠金が不足してしまった場合は、追加でお金を入金しなければならない事も・・・

この追加入金のことを『追証』といいます。

FXをやる上ではこのリスクが一番大きいのではないかと思います。

特に最近では、アルゴリズム取引の影響により急激な為替変動が増えています。

FXトレードの際には十分に注意しましょう。

金利変動のリスク

世界各国の金利は常に変動しています。

FX取引を行う際は、通貨ペアの金利差に応じて『スワップポイント』という利益(or損失)が発生します。
(高金利通貨を保有しているとスワップポイントを受け取るができる。
逆に低金利通貨を保有しているとスワップポイントを支払わなければならない。)

金利が変わると、この『スワップポイント』も変化してしまいます。

特にFX自動売買の場合、ポジションを長期保有する場合も多いので、スワップポイントがマイナスになる事は無視できません。

各国の金利についても注目しながら取引するようにしましょう。

流動性のリスク

次に、流動性のリスクです。

流動性とは、市場における取引量の事。

流動性がある場合は売買注文が通りやすいですが、
流動性の低い場合は売買注文が通りにくくなる可能性があります。

特に新興国の通貨は円・ドル・ユーロ等と比べて流動性が流動性が低いので注意が必要です。

また、流動性が低いために、注文価格と実際の購入価格がずれる現象(スリッページ)が発生する事もあります。
スリッページに関しては、次の見出しで解説します。

スリッページのリスク

投資家が提示した値段と実際の購入価格がずれてしまう現象を、スリッページといいます。

スリッページは不利な方向に働く場合もありますし、有利な方向に働く場合もあります。

どういう相場状況でスリッページが発生しやすくなるかというと、
『相場が急激に変動した時』です。

例えば相場が暴落した場合、売りたい人は多いが買いたい人はほとんどいないという状況が生まれる場合があります。

このような場合に市場の流動性が低くなり、スリッページが一時的に発生しやすくなるわけです。

レバレッジのリスク

レバレッジは、FXの魅力でもあり、リスクでもあります。

小さな資金で大きな利益を狙える反面、元手資金以上の損失を被ってしまう場合もあります。

初心者はあまりレバレッジの取引をしすぎず、リスクを抑えて取引するほうが良いでしょう。

相対取引のリスク

私達がFXトレードをする場合、市場を経由せずに取引をしている事が多いです。

つまり、投資家と証券会社間での相対取引を行っているところが多いのです。

相対取引の場合は、市場の価格を参考にして証券会社が独自に価格を決定します。

その結果、『スリッページが多い』等、投資家に不利な取引を強いられる場合があります。

この点を考慮すると、信頼のおけるFX業者を選ぶ事が重要と言えるでしょう。

FX自動売買を行う上で必須のリスク管理とは?

FXトレード全般に言えることですが、勝つためにはリスク管理が必須です。

リスクを取りすぎてしまうと大きな相場変動で資金を失ってしまったり、
本来は損切りする必要のなかった場面で損切りしなければならなくなってしまいます。

これからリスク管理する方法をいくつか解説してゆくので、皆さんもFX自動売買やる際は実践してみてください。

余剰資金で投資する

まず1つ目に重要なのは『余剰資金で投資する』ということです。

生活費などの失ってはいけないお金で投資してしまうと、為替の値動きに感情が揺さぶられやすくなっていまいます。

そうなってしまうと、FXのトレードで勝つことはできません。

しっかりと自分の決めた投資ルールを守るためにも余剰資金で投資するようにしましょう。

損切りする基準を決めておく

当然の事ですが、損切りをすることでそれ以上の損失を防ぐ事ができます。

ですが初心者の中には、損切りができないという人も多くいるのも現実です。

損切りをしっかりと行うためにも、
『これ以上為替が下がったら損切りする』
というような基準を作っておきましょう。

そうすることによって、損切りしたくない感情を振り払い、損切りを実行することができるでしょう。

複数のストラテジーに分散する

複数のストラテジーに資金を分散しておくというのも有効なリスク管理の手段です。

各々のストラテジーには、どうしても得意な相場と苦手な相場があります。

ストラテジーを分散させておくと、一つのストラテジーがダメなときでも、他のストラテジーが利益を出してくれ、大きな損失を被ることが少なくなるのです。

複数の通貨ペアに分散する

運用資金を複数の通貨ペアに分散する事も有効です。

政治や経済のイベントによって、特定の通貨が大きく値上がりしたり値下がりしたりすることがあります。

そんな時、該当する通貨に投資をしていると、短期間のうちに資金の殆どを失ってしまう事もあるのです。

こういうときに通貨ペアを分散箚せておくと、一つの通貨ペアから受ける影響が少なくなり、リスクが軽減されます。

リーマンショック級の状況を想定しておく

FX自動売買は長期的な視点で運用する場合が多いので、リーマンショック級の状況を想定してリスク管理を行うべきです。

短期的には儲かっていても、リーマンショックのような10年に一度の金融危機が起こってしまったときに資金をすべて失ってしまっては意味がありません。

長期的な資産形成には、リーマンショックのような大きな経済危機に備える必要もあるのです。

リスク管理できなかったFX自動売買トレーダーの悲しい末路

リスク管理ができなかったトレーダーはどうなってしまうのでしょうか?

ここでは、FXで損失を被った例を一つ紹介しましょう。

2019年1月3日に「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれる為替相場の大変動が起こったのをご存知でしょうか?

このときドル円は、5分間で108円台から一気に103円台まで暴落しました。
また、豪ドル円も75円台から一気に71円台に暴落しました。

この暴落で資金を失った投資家が大勢いたのです。

例えば、「オレ的ゲーム速報」の管理人で、YouTuberもやっている投資家のJINさんは、フラッシュ・クラッシュのときにランボルギーニを買えるくらいの損失を出したとのこと。

このフラッシュ・クラッシュの原因は、ヘッジファンドのアルゴリズム取引だと言われています。

今後そのようなアルゴリズムはより活発になると予想されるので、相場の暴騰暴落は今よりも頻繁に起こるようになるでしょう。

そういう事態に対応できるように、適切なリスク管理を行う事が必要です。

FX自動売買のメリット・デメリットまとめ

今回は、FX自動売買のメリットとデメリット、リスクについて解説しました。

メリット・デメリットとして以下の点を紹介しました。

FX自動売買のメリット
  • 初心者でも簡単にFXを始める事ができる
  • 上手いトレーダーの真似がしやすい
  • 24時間取休む事なく取引ができる
  • 裁量トレードに比べて、時間がかからない
  • 感情に左右されず、確実に利食い・損切りができる
FX自動売買のデメリット
  • 相場の変動により稼げなくなる可能性がある
  • 最初は含み損がかさむ

FX自動売買のメリットを考えると、時間の無いサラリーマンや主婦等の方に非常におすすめです。

時間のの無い中でもFXに取り組んでみたい方はぜひ自動売買に挑戦してみてはいかがでしょうか?