初心者

FXの自動売買ってどうなの?儲かる人と儲からない人はココが違う!

今、FX自動売買が話題になっています。

自分がFX自動売買を実践している様子を公開しているブロガーも多いですよね。

ブロガー等の発信者の情報を見ていると、FX自動売買で儲けている人も大勢いるように見えます。

しかし、稼げている人がいる一方で損をしている人もいるのが現実です。

この記事では儲かる人と儲からない人の違いを解説してゆこうと思います。

ぜひこの記事を読んでFX自動売買で儲かる人の行動をコピーしてください。

この記事でわかる事
  • 儲からない人のパターン
  • 儲かる人の条件

FX自動売買システムの種類

まずは本題に入る前に、FX自動売買の種類についての紹介です。

FX自動売買を大きく分けると下記の4種類に分ける事ができます。
・リピート系
・ストラテジー選択型
・ストラテジー設定型
・ストラテジー開発型

この記事でもこの4種類のFX自動売買があるということを前提に話を進めてゆきます。

上記4種類の自動売買システムについて分からない、という方は『FXは自動売買こそ初心者におすすめ!仕組みや種類を解りやすく紹介』という記事に詳細を書いているので、読んでみてください。

FXは自動売買こそ初心者におすすめ!仕組みや種類を解りやすく紹介FXを実践している人の中には、このような悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか? 「損切りできずに大きく損失を出してしまった...

儲からないパターンは?大損して破産する例を紹介

まずは『儲からないパターン』を解説します。

儲からないパターンとしては、

  • ハイリスクな取引をしてしまう
  • 感情に流されて手動で決済してしまう
  • うまい話に飛びついて詐欺にあってしまう

等が挙げられます。

では、それぞれ詳しく説明していきましょう。

ハイリスクな取引をして、破産級の損失を受ける

あまりにハイリスクな取引をしてしまうのは、儲からない人のパターンです。

例えば、レバレッジをかけすぎると、僅かな為替変動で資金が吹き飛んでしまいます。

レバレッジをかけると儲ける額も増えるので、ついつい欲が出てリスクを無視した取引をしてしまいがちです。

しかし、そのようなハイリスクな取引をしているといつか資金を失ってしまうでしょう。

感情に流されて手動で決済してしまう

FXのトレードで絶対やっていはいけないのが、感情に流されてトレードしてしまうこと。

FX自動売買では、システムが取引をしてくれるため、ある程度機械的にトレードすることが可能です。

しかしシステムのON/OFFは人間が行うため、どうしても感情が入り込む余地が残ってしまいます。

例えば、リピート系のFX自動売買を使っている場合、含み損に耐えなければならない場面が必ずやってきます。

この場面で、『含み損が嫌だ』『このまま損失が広がってしまったらどうしよう』という風に、感情で取引をしてしまうとNGなのです。

当然、損失の拡大を防ぐために損切りが必要な場面はありますが、そういう場合はトレードプランに沿って、計画的に行う事が必要です。

うまい話に飛びついて詐欺に合ってしまう

投資には詐欺話はつきものです。

たとえば、
『このツールを使えば月利○%で稼ぐ事ができます!』
という謳い文句に釣られて高額な取引ツールを購入してしまうような例があります。

『楽に大きく稼ぎたい』という心理は皆もっているもの。

なので、このような詐欺話はいつになっても無くなりません。
くれぐれもこのような詐欺話に乗せられないようにしましょう。

では、詐欺にあわないためにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、証券会社が提供しているFX自動売買システムを利用すれば確実です。

当サイトでは、各FX業者が提供する『リピート系』FX自動売買をおすすめしています。

信用のおけるFX業者が提供するシステムを利用すれば、詐欺に合うことは無いでしょう。

儲かるトレーダーの条件!失敗しないためには?

次に、儲かるトレーダーの条件について解説します。

FX自動売買を使って儲けるために必要な条件は下記の通りです。

  • 相場に応じて儲かる設定を考え直す
  • 適切な通貨ペアを選ぶ
  • 複数運用してリスクヘッジする
  • 手数料の安いFX会社を選ぶ
  • 「長期で利益を積み重ねる」という思考を持つ

相場に応じて儲かる設定を考え直す

相場環境は刻一刻と変化してゆくもの。

半年前は正しかった設定が、今はもう稼げなくなってしまっている
という事が普通に起こり得ます。

したがって、相場に応じて儲かる設定を考え直す必要があるのです。

FX自動売買は、放置で勝手に利益が上がっていく事が魅力なのですが、それでも定期的なメンテナンスは必要というわけですね。

儲かる適切な通貨ペアを選ぶ

FX取引をする際、主要な通貨ペアはドル円・ユーロ円・ユーロドル等ですが、
それ以外の通貨ペアもFX業者は取り扱っています。

30種類ほどの通貨ペアを取り扱っているFX業者もあるので、かなり選択肢の幅が広いのです。

FX取引を実際やった事がある人は、『どの通貨ペアで取引したら良いのか分からない』という疑問を持った事がある人もおおいのではないでしょうか?

やはりFX自動売買でも通貨ペアの選定は重要です。

通貨ペアによっては、
・手数料が高い
・流動性が低い
等のデメリットがある場合があります。

初心者は、主要な通貨ペアである
・ドル円
・ユーロ円
・ユーロドル
・オーストラリアドル
・ニュージーランドドル
等を取引ペアに選んだほうが無難でしょう。

複数ストラテジー運用でリスクヘッジする

複数のストラテジーを選べる場合は、一つのストラテジーにこだわらずに複数のストラテジーを使いながら運用するべきです。

それぞれのストラテジーには、得意な相場と不得意な相場があります。

一つのストラテジーにこだわりすぎていると、調子が悪いときに資金を一気に失ってしまう場合もあるのです。

ストラテジーの複数運用を検討しましょう。

手数料の安いFX会社を選ぶ

FX児童売買を行う際は、手数料の安さも重要です。

特に、リピート系のFX自動売買には、
『細かい利幅の取引をたくさん行う』
という特徴があります。

こういう場面では、手数料が利益をかなり圧迫してしまいがちなのです。

手数料の低いFX業者を選ぶことによって、利益を最大化する事ができます。

長期で利益を積み重ねて儲ける

FX自動売買で利益を出すには、長期目線で見ることも重要です。

自動売買の取引スタイルととして、リスクを抑えながら着実に利益を取っていくスタイルが代表的です。

このような場合、短期的には損失を抱えてしまう事も多いです。

例えば、リピート系のFX自動売買を行う場合は、最初は含み損が増え続ける事が多いです。

相場が戻るまでその損失に耐え続ける必要があります。

こういう場面で、長期的な目線が必要になるのです。

短期的な損失に振り回されていては、FX自動売買では勝つことは難しいでしょう。

完全自動のシステムってどうなの?儲からない?

巷ではこんな謳い文句のFX自動売買ツールも販売されているようです。

スイッチをONにすれば設定も無しに運用が始まり、完全自動で稼いでくれます

実際そんな事ってあり得るのでしょうか?

結論から言うと、あり得ないと思っておいたほうが良いでしょう。

もし完全自動で稼げるようなアルゴリズムがあれば、それは一部の人たちが独占し、あなたの元には回ってきません。

そんな美味しい話はほぼ確実に詐欺です。

FX自動売買で儲けるためには、設定を定期的に考え直したり、ストラテジーを相場に合うものに入れ替えたり、とメンテナンスが必要なのです。

そのようなメンテナンスを行うためには、長期的な目線で相場を見る必要があるので、
・世界経済の知識
・為替の知識
・テクニカル分析の知識
等が必要になります。

FX自動売買では、取引自体はシステムが行ってくれます。

しかし、そういった知識は自分の力で身につける以外にありません。

自分の頭で考え、投資計画を立て、その実行のためにFX自動売買を活用する。

そういう人がFX自動売買で勝てる人なのです。

FX自動売買で儲かるために選ぶべき証券口座

ここでは、FX自動売買で儲かるためにどのFX業者を選べば良いのかを解説します。

結論から言うと、当サイトがおすすめしているのは
『アイネット証券の”ループイフダン”』です。

このFX業者をおすすめする理由は主に2つです。
・手数料が他社より有利だから
・設定が簡単で初心者にも分かりやすいから

FX業者の選び方や比較に関しては下記の記事で詳しく解説しています。
ぜひそちらも読んでください。

[比較記事へのリンク]

FX自動売買で儲かる人と儲からない人の違いまとめ

今回は、儲かる人と儲からない人の違いについて解説しました。

この記事で解説したことは基本的な事ばかりなので、ぜひ覚えておいてください。

特に、儲からない人のパターンで紹介した『ハイリスクな取引をして破産する』というパターンには気をつけてください。

FXの市場で生き残るにはリスク管理が必須です。

リスクに関しては『FX自動売買のメリット・デメリット!どんなリスクがあるの?』という記事にもまとめているのでぜひ読んで見てください。

FX自動売買のメリット・デメリット!どんなリスクがあるの?『FX自動売買をやろうと思うけど本当に稼げるの?』 という不安がある人も多いですよね。 FXを自動売買で実践するのは、とても...