初心者

FXは自動売買こそ初心者におすすめ!仕組みや種類を解りやすく紹介

FXを実践している人の中には、このような悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

損切りできずに大きく損失を出してしまった
利益確定のタイミングを逃してしまった
副業でやっているので、そもそもFXに割ける時間がない

初心者にとって、FXの裁量トレードで利益を出すのはかなり難易度の高い事なのです。

そんな初心者におすすめなのが、FXの自動売買。

自動売買システムを使えば、初心者でも簡単に利益を積み重ねていくことが可能です。

しかし、自動売買システムには様々な種類があり、初心者はどれを選べばいいか分からないと思います。

なのでこの記事では、初心者向けにFX自動売買の仕組みや種類を解りやすく説明していきます。

この記事を読めば、FX自動売買の全体像が見えて、どのシステムを選べば良いのかがわかりますよ。

この記事でわかる事
  • どんな種類のFX自動売買があるのかわかる
  • FX自動売買の仕組みがわかる
  • 初心者が選ぶべきFX自動売買の種類がわかる

FXの自動売買と裁量トレード、初心者が知っておくべき違いとは?

FXには、

・自らが注文を出す『裁量トレード』
・システムが自動的に注文を出してくれる『自動売買』

の2種類があります。

まずは、この2つの違いについて、それぞれがどういう人におすすめなのかを紹介しながら解説してゆきます。

自動売買

FXの自動売買とは?

まずは、自動売買について。

自動売買とは、その名の通り、『システムが自動的に注文を出してくれる取引方法』です。

ただ、一口に自動売買と言っても、
・用意された売買システムをそのまま利用する方法
・用意された売買システムを利用するが、自分で設定を調整する方法
・自分で売買システムを開発する方法
等、いくつかやり方があります。

それぞれの種類の詳細に関しては、下の見出しで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

FX自動売買をおすすめする人は?

先に結論から言うと、FXの自動売買をおすすめする人は下記の様な人です。
1.FXトレードに割ける時間が少ない人
2.FXトレードをやったことが無い初心者

FX自動売買のメリットは、
・裁量トレードに比べて手間がかからない事
・取引に感情が入りにくい
という事などが挙げられます。

手間がかからないから時間をあまり割けない人でもできて、
取引に感情が入りにくいから初心者でもしっかりと利益を出すことができる、
ということですね。

具体的におすすめな人を挙げると、副業でFXをやるサラリーマンです。

サラリーマンが副業でFXをやる場合、FXにほとんど時間を割けない事が多いと思います。

自動売買を使っていれば、仕事中もシステムが自動的に取引してくるので、この問題を解決してくれます。

しかもサラリーマンの場合、日中もFXのマーケットが気になってしまうと仕事に支障が出てしまいますよね。

自動売買の場合は、基本的に放置で良いのでこのような心配も無くなります。

裁量トレード

裁量トレードとは?

次に、裁量トレードについてです。

裁量トレードとは、『自分で一つ一つの注文を出して取引をする方法』のこと。

相場が上がるのか下がるのかを考えながら、自分で注文を出してゆきます。

トレードスタイルにもよりますが、基本的に相場に張り付いて、買ったり売ったりの判断をするわけですね。

裁量トレードをおすすめする人は?

裁量トレードをおすすめする人は下記のような人です。
・FXトレードにたくさんの時間を割ける人
・短期間で大きな利回りを狙う人

自分で取引する以上、注文を出すときは相場を見ていなければなりません。
するとどうしても自動売買よりもトレードに割く時間は増えてしまいます。

したがって、「FXトレードに時間が割ける人」が裁量トレードに参入すべきです。

また、裁量トレードには「短期間で大きな利回りを狙うことができる」というメリットがあります。

逆に、自動売買では短期間で大きな利回りを狙うことは難しいのです。

なぜかと言うと、自動売買では大きなリスクを取りにくいからです。

大きなリスクを取れなければ、大きな利回りは期待できません。

その点、裁量トレードでは、リスクの大きさも、リスクを取るタイミングも自分で自由にコントロールできます。

『大きな利回りを狙いたい』という人も、裁量トレードを選ぶべき、ということになります。

FX自動売買で初心者におすすめの種類は?

次に、FX自動売買にどういう種類があって、それぞれにどんな特徴があるのかについて見てゆきます。

当サイトでは、FX自動売買システムを下記の4種類に分類しました。

  • リピート系
  • ストラテジー選択型
  • ストラテジー設定型
  • ストラテジー開発型

この4種類のFX自動売買システムについて
・仕組み
・使い方
・運用上の注意点
・初心者へのおすすめ度
・おすすめの証券会社

を解説してゆきます。

リピート系

はじめに紹介するのが、リピート系の自動売買システムです。

仕組み

リピート系の自動売買システムとは、
ある一定の範囲で上下を繰り返す相場に注文を出して利益を取る売買システムです。

FXの相場は”レンジ相場”といって、一定の値幅で動くことが多いです。
(例えば、ドル円だったら1ドル100円〜110円を行ったり来たりするような値動きのこと。)

そんな相場に対して、下記の図のように売買を繰り返して利益を取ってゆきます。

上記の図をもう少し詳しく説明すると、下記の手順で利益が発生します。

    1.あらかじめ、買い注文を一定間隔で出しておく
    2.買い注文が成立する
    3.買い注文の成立時に、売り注文を出す
    4.相場が戻って売り注文が成立すれば利益確定。

そうやってレンジ相場に対して延々と利益を積み上げていくのが、リピート系の自動売買システムです。

使い方

リピート系自動売買システムを使うためには、そのシステムを提供している証券会社に口座を開設する必要がありあます。

口座を開設したあとに、どのような設定で自動売買システムを動かすのかを決めます。

設定内容を決めたら、あとは自動売買システムをスタートさせるだけです。

相場に合わせて適宜設定を変えながら、利益を積み上げてゆきます。

注意点

リピート系自動売買の注意点としては、基本的に常に含み損を抱えてしまうということです。
相場が下がっているときに書い続けるということは、相場が反転するまではどんどん含み損が増え続けるということ。

リピート系のFX自動売買で失敗する人は、そのような含み損に耐えきれない人です。

つまり、自分が投資できる資金に応じて取引量をコントロールしなければなりません。

リピート系の自動売買では、資金管理が非常に重要となるわけです。

初心者におすすめ?

リピート系自動売買は、今回紹介する自動売買システムの中で、最も初心者におすすめです。

おすすめ度: 5.0

理由は
・売買プログラムが分かりやすいので初心者でも安心して使うことができる
・相場のレンジを予想すれば設定できるので楽
・システムを提供している証券会社が多いので、手数料等の条件が良い。
等です。

どの自動売買システムを選ぼうか迷っている人は、リピート系から初めてると間違いないかと思います。

おすすめの証券会社

リピート系の自動売買システムを提供している証券会社には
・”トラリピ”を提供している”マネースクウェア”
・”ループイフダン”を提供している”アイネット証券”
・”トライオートFX”を提供している”インヴァスト証券”
・”トラッキングトレード”を提供している”FXブロードネット”
・”iサイクル注文”を提供している”外為オンライン”
などが挙げられます。

この中でも初心者におすすめするのが、ループイフダンを提供しているアイネット証券です。

なぜ、ループイフダンをおすすめするのかと言うと、
・コストの面で他社より優れているから
・設定が簡単だから
この2点が理由です。

リピート系自動売買は「細かい利益を繰り返し取っていく」という性質上、
コスト面が結構重要です。

よって、コスト面で優位でありながらも、設定がしやすいループイフダンから初めてみる事を初心者にはおすすめします。

ストラテジー選択型

次に紹介するのが、ストラテジー選択型の自動売買システムです。

仕組み

ストラテジー選択型とは、
証券会社から提供されるストラテジーを選んで使う自動売買方法
です。

使い方

こちらも、リピート系の自動売買と同じように、証券会社に口座を開設して使用します。

口座開設が終了したあとは、証券会社の提供するサイトから使いたいストラテジーを選んで資金を投入するだけで取引が可能です。

注意点

ストラテジー選択型自動売買の注意点としては、『同じストラテジーで勝ち続ける事は難しい』という事です。

すべての相場に対応できるストラテジーは存在しません。

つまり一つのストラテジーを使い続けていると、負けが膨らんでしまう時期が必ず来てしまいます。

そのため、ストラテジー選択型でFX自動売買を行う場合は、相場の状況に応じてストラテジーを入れ替えたり、時には停止したりする必要があるのです。

初心者におすすめ?

ストラテジー選択型は、初心者でも実践可能ですが、リピート系よりはおすすめ度が下がります。

おすすめ度: 4.0

あらかじめ用意してあるストラテジーを選ぶだけで取引が開始できるという点は、初心者にとって嬉しいと思います。

しかし、相場に応じて適切にストラテジーを選ばなければならないという点が、初心者にとって少々ハードルが高いです。

そのため、リピート系よりも初心者に対するおすすめ度は低めです。

おすすめの証券会社

ストラテジー選択型でおすすめの証券会社は
”シストレ24”を提供している”インヴァスト証券”です。

インヴァスト証券をおすすめする理由は、
・豊富なストラテジーを用意している事
・自動的にストラテジーを入れ替えてくれる『フルオート』機能が内蔵されている事

等です。

特に、自動的にストラテジーを入れ替えてくれる機能『フルオート』は初心者にとってかなり嬉しいものでしょう。

ストラテジー設定型

次に、ストラテジー設定型についてです。

仕組み

ストラテジー設定型では、証券会社等から提供されるストラテジーを使うのではなく、
自分でストラテジーを設定して運用を行います。

ストラテジーの設定では、移動平均線やその他の指標を自分で組み合わせながら、
自動売買のストラテジーを作成してゆきます。

FXの各種指標を用いることになりますが、設定は証券会社上のソフトを使用するので、自分でプログラミングする必要はありません。

使い方

まずはストラテジー設定型のシステムが利用できる証券会社に口座を開設します。

そして、テクニカル指標等を利用して、『こうなったら買う』『こうなったら売る』という売買ルールを設定します。

ストラテジーが作成できたら、そのストラテジーがどれくらいの成績を出せるのかの検証です。

過去の為替レートを利用して検証を行う『バックテスト』、
現在の為替レートをを利用して検証を行う『テスト運用』、
などを行いながら、実際に稼げるストラテジーなのかどうかを見極めていきます。

納得のいくストラテジーが完成したら、実際の運用がスタートします。

注意点

ストラテジー選択型の注意点と同じような事ですが、
一つのストラテジーで勝ち続ける事は難しい』ということは注意しなければなりません。

相場に合わせてストラテジーを作り直さなければならないため、ストラテジー設定型はで運用する場合は他と比べてかなり手間がかかるでしょう。

初心者におすすめ?

ストラテジー設定型は、初心者にはおすすめできません。

おすすめ度: 2.0

自動売買に使う指標を自分で選びながらストラテジーを作るので、初心者には難易度が高いです。

ストラテジー設定型を使って利益を偉るためには、
・各種指標に対する理解
・相場を見極める力
・リスク管理能力
等、高度なFXトレードスキルが必要になってくるため、初心者にはおすすめできません。

おすすめの証券会社

ストラテジー設定型の自動売買を実践したい人は、
FXプライムbyGMOの『ちょいトレFX』がおすすめです。

使いやすいストラテジーの作成ソフトを用意している会社なので、
ストラテジー設定型の自動売買に挑戦したい方にはぴったりです。

ストラテジー開発型

次に、ストラテジー開発型についてです。

仕組み

ストラテジー開発型のFX自動売買は、
自分でプログラミングした自動売買ソフトで取引する手法
です。

プログラミングできるものであれば何でも自動売買に取り入れることができるので、自由度は無限大。

しかし、
・プログラミングのスキルが必要
・プログラムを常時起動させておく環境も構築しなければならない
等、今まで紹介してきたFX自動売買方法の中で最も難易度が高いです。

実際はMT4というプラットフォーム上で、EAという自動売買プログラムを動かして自動売買を行うことになります。

MT4とは?

先程出てきたMT4という言葉について少し解説しておきます。

MT4は、FX取引プラットフォームである「Meta Trader4(メタトレーダー4)」の略です。

MT4では、たくさんのテクニカル指標を利用したり、世界中の開発者が作ったオリジナルの指標を利用することができます。

さらにそのプラットフォーム上で自動売買を行うこともできます。

その時に利用するシステムが”EA”と呼ばれるものなのです。

EAとは?

EAとは、「Expert Advisor」の略です。

EAは、MT4独自のプログラミング言語である「MQL4」を利用して作成することができます。

EAをMT4上で起動する事によって、自動的に注文が出される、という仕組みです。

使い方

では、MT4及びEAを利用してストラテジー開発型の自動売買を行う方法を解説します。

まずは、MT4に対応した証券会社を開設しましょう。

その後、MT4上でEAを開発し、自動売買を開始します。

EAは自分で開発しなくても、無料・有料のEAがネット上で入手できるので、まずはネット上で入手できるEAを使ってみるのも良いでしょう。

注意点

どの相場にも対応できるようなEAは存在しないということには注意が必要です。

ストラテジー選択型のところでも話したように、すべての相場環境に適用できる自動売買プログラムは存在しません。

なので、ストラテジー開発型の自動売買を行う際も、相場環境に合わせてストラテジーを入れ替えながら運用していく必要があります。

初心者におすすめ?

ストラテジー開発型も、初心者へはおすすめできません。

おすすめ度: 1.0

やはり、プログラムを開発するのは初心者には難易度が高いでしょう。

しかも、ネット上で販売されている有料のEAには、詐欺まがいのものも存在します。

詐欺に引っかかってしまうリスクもあるため、初心者はまずはリピート系やストラテジー選択型等の簡単な自動売買システムから初めてみるのが良いでしょう。

おすすめの証券会社

ストラテジー開発型FX自動売買を運用するためには、
MT4に対応した証券会社を選ばなければなりません。

MT4に対応している証券会社は
・FXTF
・外為ファイネスト
・OANDA JAPAN
・Forex.com
・EZインベスト証券
・楽天証券
・YJFX!
・デューカスコピー
等様々あります。

この中での一番のおすすめ証券会社は「OANDA JAPAN」です。

ここで詳しく解説することはしませんが、
初心者でも使いやすくて、約定力も安定しています。

さらにサポートも比較的手厚いので、初めてストラテジー開発型のFX自動売買に挑戦する人でも安心です。

初心者が知っておくべきFX自動売買の弱点とは?

FX自動売買にも弱点はあります。

ここでは、その弱点の例を数点挙げて、解説してゆきます。

プログラムの苦手な相場では負けてしまう

一つの売買プログラムには得意不得意があります。

例えば、トレンド追従型のプログラムであれば、トレンド相場では利益が出るでしょうが、レンジ相場では損をしてしまうでしょう。

逆に、レンジ追従型のプログラムであれば、レンジ相場では利益がでますが、トレンド相場では損をしてしいます。

つまり、相場状況によって、利用するストラテジーを変更したり、
設定を微調整したりしなければなりません。

急激な相場変動に対応できない場合がある

また、自動売買プログラムは急激な相場変動に対応できずに、大幅に損失を出してしまう場合があります。

例えば2019年1月3日に起きた為替の大変動では、
大きな損失を出してしまったFX自動売買の運用者がかなりいました。

急激な相場変動を見据えたリスク管理が重要だと言えるでしょう。

取引コストが高め

取引コストが若干高めなのも、FX自動売買の弱点です。

FX自動売買のシステムを提供する証券会社は、他の証券会社に比べて、システムの開発費等にコストをかけています。

そのコストを補填するために、売買手数料やスプレッド等が一般的な裁量トレードよりも高くついてしまうのです。

この点はFX自動売買をやる上では仕方がないので、
なるべくコストの安い証券会社を選ぶことでカバーしてゆきましょう。

FX自動売買の初心者でも儲けるコツは?

次に、FX自動売買の初心者がどのようなところに気をつければ儲けることができるのかを少し掘り下げてゆきます。

リスク管理を徹底する

まずは、絶対に必要な能力が『リスク管理能力』です。

自分の資金に見合わない取引をしてしまうと、大きな相場変動が起こったときに
一瞬で資金が吹き飛んでしまいます。

特に自動売買は放置しがちだと思うので、「気がついたら資金が無くなっていた」という事も起こります。

上記で説明した2019年1月3日の相場の大変動でも、一瞬で資金を吹き飛ばした投資家が大勢いました。

絶対にリスク管理は徹底しましょう。

取引に感情を持ち込まない

これは自動売買に限らずすべてのトレードに言える事ですが、
取引に感情を持ち込まない』という事も重要です。

一つ一つの取引に対しては感情を排除できるメリットのあるFX自動売買ですが、
相場が変動した時に必要以上に不安になって、取引を中止してしまったり、設定を変えてしまったりする人がいます。

ここまでで話してきた通り、相場状況に応じて設定を変更する事は重要です。

しかし、感情に任せて判断するのはやめましょう。

しっかりと運用プランに従って設定を変更するようにするべきです。

初心者でもできる!FX自動売買の始め方は?

次に、FX自動売買を始める際に必要になる知識を解説してゆきます。

ここでは、最も初心者におすすめな『リピート系FX自動売買』を始めると仮定して話を進めてゆきます。

FX自動売買を始めるために必要な資金は?

『リピート系FX自動売買』を行うには、最低でも10万円くらいの資金が最低限必要で、できれば30万円くらいの資金が合ったほうが望ましいです。

リピート系FX自動売買の場合、注文した買い注文を決済するまで、ある程度の期間含み損を抱えてしまいます。

その含み損に耐えるためにある程度の資金が必要です。

そもそもFX自動売買はコツコツ利益を積み重ねてゆくものなので、
あまりに資金量が少ないと、非常に少ない利益しか期待できないでしょう。

FX自動売買の証券会社を選ぶ方法

初心者がFX自動売買を始める際に、どのような点に注意して証券会社を選べば良いのでしょうか?

初心者が証券会社を選ぶときに重視すべき点は下記の2点です。
・コストが少ない
・設定が簡単

リピート系FX自動売買で運用する場合、一回の利益幅が少なく、取引回数が多くなりがちです。
なので、取引コストが利益に大きな影響を与えます。

コスト面で有利な証券会社を選んでおいたほうが、利益を圧迫せずに住むでしょう。

次に、『設定が簡単』という点も初心者にとっては重要ですね。

初心者にとっては、設定項目が多すぎると、どう設定して良いかわかりにくいです。

初心者には、設定項目の少ないシンプルな自動売買システムをおすすめします。

初心者におすすめの証券会社は?

上記の点を踏まえて初心者におすすめの証券会社を紹介します。

初心者におすすめの証券会社は『ループイフダン』を提供する『アイネット証券』です。

アイネット証券は上記で挙げた
・コストが少ない
・設定が簡単
という2点をクリアしている証券会社です。

ループイフダンの評判やメリット・デメリット等も別の記事にまとめてあるので、そちらの記事も是非読んでみてください。

FX自動売買の仕組みや種類まとめ

この記事では、FX自動売買の仕組みや種類に関して初心者向けに解説しました。

自動売買には大きく分けて

  • リピート系
  • ストラテジー選択型
  • ストラテジー設定型
  • ストラテジー開発型

の4種類が存在するということでした。

特に初心者におすすめするのはリピート系のFX自動売買です。

あまり手間を使わず、コツコツと利益を積み上げてゆきたい方は、FX自動売買に挑戦して見てはいかがでしょうか?